セルヴァジーナ日記

taranto paragianello

a0244265_22424459.jpg
ターラントを出て道に迷いながらmassafra渓谷を見物。
道に迷いつつターラントの西にあるパラジャネッロの町に。
ここにプーリア州での有名レストランla staregaがある。
修行時代の友人が働いてたので興味あったのだ。
飯の写真など
a0244265_22474218.jpg

マグロのカルパッチョ。なかにモツァレッラチーズが仕込んでありました。
a0244265_22492978.jpg

おなじくマグロの芥子の実焼き
a0244265_22502135.jpg

バッカラ(塩漬けしたタラ)を詰めたファゴッティーノ
詰め物パスタですね。美味しかった!
a0244265_22514135.jpg

子羊のロースト。今日の主役、絶品ですた。

レストランのオーナーさんが手配してくれた部屋で就寝。
自動車での移動はホントに楽ちん。
Mさん、ありがとうございます。
[PR]



# by selvaggina | 2013-01-23 22:55 | 日常

bari arberobello martinafranca taranto

1月2日 ボストンホテルの方に手伝ってもらいレンタカーの手配完了。
バーリに泊まるならボストンホテル。親切このうえないコンシェルジュが働いてます。
急いで空港の○○○rzカウンター(こう書くとまさにorz。ぷぷぷ)でフォードFIESTAを借り受ける。
8日間で270ユーロ。安い、安すぎる。
a0244265_1853465.jpg

アルベロベッロ。とりま世界遺産一つ目ゲット。
日本語看板踊る南イタリア屈指の観光地なのです。
a0244265_18563961.jpg

かつての古代ギリシャ人植民都市ターラント
写真の運河は19世紀に戦艦を湾内に入れるために掘られたもの。
お目当てはこれ、ターラントの名店赤猫亭でランチ
a0244265_197852.jpg

risotto alla pescatore食べた。いや、食べるって決めてた。
a0244265_1985594.jpg

頼んだら音速に近い速度で出てきたのにびっくり。
まあ、よかろう。うまかったし。
a0244265_1910414.jpg

子蛸のネグロアマーロ煮込み
ネグロアマーロというのはプーリア州固有のワインの品種の名前です。
polpetti al negroamaroとメニューに書いてあったから肉団子(polpetti)かと思ったらタコだった。。。
でも、うまいし、赤ワインでタコ煮ちゃうティピカルぶりが最高によい。
a0244265_19142322.jpg

グラスで頼んだ白ワイン
カステッロモナチのシメラ。 すっごい黄色。白ワインじゃなくて黄ワイン。
口の中でグレープフルーツとパイナップルが溢れるみたいな力強さ。
田舎ワインの味だけど、この料理に合うな。

つづきます
[PR]



# by selvaggina | 2013-01-22 18:46 | 日常

tokyo bari ostuni bari

22時35分にバーリ空港に降り立つ我々2人なのですが、予約してた筈のレンタカー○○rzのオフィスはシャッター降りてた。。。そりゃそうだ、大晦日の22時にイタリア人が働いてるもんか!
とはいえ、しかたないので町行きの最終バスに乗って予約してたホテルボストンへ。

えっと、説明しますと2012年12月29日に最終営業を終えて、30日に大掃除とお店の忘年会やって
大晦日にスタッフのMさんとイタリア行きの飛行機に乗ったんです。
目的は美味しいワインと飯の探求とかつての修業先の親方に会うこと。
イタリアはもう2年ごぶさたなのでイタリア語、大丈夫かねぇ。

a0244265_17225129.jpg

夜明け前のbari市内を1時間ほど走った。
空がきれいな蒼。たまに犬の散歩してる人とすれ違う以外は人っ気なし。
元旦にイタリア人が働いてる筈もないので(早速の洗礼ですね)3カ月ほど部屋借りて滞在したオストゥーニに行く。
街をぶらぶら歩き写真撮ったり、買い物したり。
a0244265_17284652.jpg

陶器屋のなか
サラダ用のお皿や飾り皿を買ったら荷物がエライ重くなった。
プーリア州にはグロッターリエという陶器製造で有名な町があるのだけど、ここのは
その町で作られてるものなんだそうだ。

a0244265_17294427.jpg

元旦ランチを予約してた町の名店osteria del tempo persoで昼食。
a0244265_17312599.jpg

ピンボケのorecchiette con cima di rapa

baccala tempura(なんのこっちゃないフリット)
stinco di agnelloを食べた。

お店は予約で満員。東京から予約しといて良かったよ。

帰りはオストゥーニの国鉄の駅(町から3kmほどはなれてる)行きのバスが来ず3時間ほど待ち、
最終的には諦めてタクシーを呼んで駅でさらに1時間以上待ち。
bariの宿には22時過ぎ。
festivoのプーリアはいつもこうなんだ。
[PR]



# by selvaggina | 2013-01-18 17:17 | 日常

駒込駅前のオステリア セルヴァジーナの日常
by selvaggina
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

お知らせ
at 2013-02-19 10:39
mattina di mon..
at 2013-02-08 11:30
Li jarantumene
at 2013-02-05 19:17
montesantangelo
at 2013-01-31 20:43
torrevento can..
at 2013-01-28 18:08

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧